家の維持費や耐久年数などもよく考えよう

注文住宅を建てて、そろそろ十年になろうとしています。元々、昔ながらの古い家に住んでいたので、今風の明るい広い家になり、大満足な住環境を過ごしてきたのですが。ここに来て、すこし不安を抱いています。なぜなら、今更ですが10年目にして、予想していなかた事実を知ったからです。私の感覚では、10年で家が傷むなんてことは思っても見なかったのですが、どうもそうではないようです。感覚的に20~30年で、壁や瓦を塗ったりするのだろうなと漠然と思っていましたが、もっと短いようです。先日、10年目の点検で説明を受け知ったのですが、そろそろ壁の塗り替えやシロアリ対策などを考えた方がいいのだとか。特に、壁はつなぎ目の素材は10年しか持たず、朽ちた亀裂から家の中にどんどん水が浸み込んでいきますとのこと。ベストを保つための修繕費としての目安が、200万円と教えられ、唖然としました。話を聞く限り、20~30年住めればいいと安い家を建てたからこその、修繕費等ではなく、どのハウスメーカーでも言えることらしいのですが……リーズナブルな家に対して、10年目で200万円は割高すぎますね。自動車を所持する時は、定期点検や車検、保険など、維持費をよく考えますが。買い慣れていることが少ないだろう家は、購入時はそこまでの感覚がなく、また、業者の言うがままなところもあり、なにより10年という長い先のことなので想像もつかないものです。購入を考えている方はぜひ、あとから驚く事がないよう、何年目にいくらいるのかとか、使っている素材などは何年もつものなのか、よく知った上で購入することをお勧めします。

PR:愛媛で耐久性に優れた注文住宅を建てるならマーク住研