マイホーム家づくりでの境界線

家づくりにおいて、家そのものはまずまずの価格で購入することができ、それなりに満足できたものの、隣の家との境界線などに関して、特にフェンスやブロックなどを積むこともなく、そのままになっている場合があるかもしれません。特に造成地などでは、その整地された土地を早い時期に購入し、家を建てるという場合には、両隣には家がないので、特にそうした境界線を意識することはないでしょう。ですがやがて隣の空き地で工事が始まり、家が建ち始めると、境界線が気になるものです。それにフェンスがないと、隣の家から、自分の家が丸見えになってしまい、目隠しをしたいという気持ちにもなるかもしれません。そうなると、その境界線をどうするのか、フェンスを作るという場合には、費用はどうするのか、その隣の人との話し合いが必要になります。こうした問題でトラブルになるのはつまらないことなので、早めに率直に話し合うことが必要になりますし、丸く収めることができるようにしたいものです。